手や首には年齢が出る!ハリを保つ為に日頃から出来る事とは?

手の甲には年齢が出ると言われます。

女性で手の甲や首のシワや血管に悩む人も多いと思います。

ハンドクリームだけで潤いが持続するのか?

はたまた老化を防ぐ事が出来るのか?

美容に良いとされる成分が配合されていても、人それぞれ合う合わないがありますが、手や首のケアには何が大切なのか?

調べてみたいと思います。

ハンドクリームだけで手の甲は潤うの?

 

メディプラスゲル一つで潤う

 

手の甲の血管が浮き出たりシワが出る現象は、老化が原因です。

では何故、老化で手の甲の血管が浮き出るのかご存知でしょうか?

それは、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの細胞外マトリックスが、歳と共に減少していく事によって、ハリのある弾力の中に埋もれていた血管が浮き上がって見える現象が起こるからです。

その状態には、血管自体の壁も厚くなっているという事も含まれます。

血管の老化というものは、弾力が無くなってハリが失われる事により、血管が拡張されて太く見えるのです。

そうなると血管が目立ってしまい、ゴツゴツとした男性の様な老婆の様な・・・という印象になってしまいます。

年を取れば取るほど水分保持力が弱くなりますから、しっかり保湿をしなければ、肌は日増しに乾燥してしまうのは明らかです。

ハンドクリームだけでそんな血管の目立つ状態を防ぐ事は無理だと言われています。

ヒアルロン酸などを直接注射すると効果はあります。

しかし、リスクもありますし、金額もかなり高いのでなかなか実現させる事も躊躇してしまいますよね。

紫外線と保湿で手の甲の血管は目立たなくなる?

 

メディプラスゲルは効果ある

 

紫外線にはA波(UVA)B波(UVB)が存在します。

B波(UVB)は、オゾン層や雲に遮られて地球上に届くのは約10%程度と言われています。

そして、B波は肌表面に炎症を起こし日焼けやシミの原因になります。

なので、シミや皮膚ガンなどの心配があるのは、B波という事です。

そして、A波(UVA)は、コラーゲンなどが存在する真皮層にまで到達して、細胞を破壊します。

このA波(UVA)は波長が長く、B波の20倍も地球上に降り注いでいると言われています。

そして、A波は窓ガラスも雲も突き抜けるので、室内でも気をつけてケアしないといけません。

曇の日でも80%以上降り注いでいるので、日焼け止めはB波(UVB)を表すSPFはもちろんですが、一番重要視するべきは、A波(UVA)を表すPAの表示です。

そんなA波で、肌の老化は急速に進みます。

特に手の甲は紫外線の影響を受けやすいので、日焼け止めは季節に関係なく使用するようにしましょう。

赤ん坊の時期をピークにして、その後身体内のヒアルロン酸の量は段々と減少していきます。

手の甲も、もちろんヒアルロン酸が減少します。

ヒアルロン酸は補充出来ませんが、保湿に重点を置くと真皮層の保護にもなり、結果的には老化を防ぐ事につながるのです。

肌の潤いというものは実に大切です。肌の潤いが失われると、乾燥するだけではなくシワができやすくなり、いっぺんに老人みたくなってしまうからなのです。

基礎化粧品と呼ばれているものは、乾燥肌を対象にしたものとオイリー肌専用のものの2つの種類が市場提供されていますので、自分の肌質を考慮した上で、必要な方を購入することが肝心です。

まとめ

まとめ

 

年齢を重ねて肌の弾力が失われることになると、シワができやすくなります。

潤いが不足するのは、肌内部のコラーゲン量が低減してしまったことが主因だと考えて間違いありません。

しかし、コラーゲンやヒアルロン酸を補充する事は美容外科による注射など以外では、なかなか難しいものがあります。

まずは、紫外線から徹底的に保護する事と、保湿でしっかり角質層を潤す事です。

更には角質層に栄養をしっかり与える事の出来る成分が配合されているかも見極める必要があります。

その為には、手の甲専用クリームの使用をオススメします。

ハンドピュレナという商品が、老けた手に最適だと話題です。

こちらの記事にて、ハンドピュレナの体験が詳しく書かれていますので、どういった効果があるのかじっくり確認してから判断してみてくださいね。

ハンドピュレナの効果は本当?ハンドピュレナを40代老け手女が4ヶ月体験!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。